2018.12.27 U-25

【Intern’s Pick】「文化は人がつくる」を実感した、SELECKインタビューの裏側

こんにちは。コミュニケーションチームインターンの上山です。先日、コーポレート統括 執行役員の松井しのぶさんの取材記事が「SELECK」に掲載されました。そこで今回は、取材に同席した際に感じたことをインターンの視点から発信することで、ユーザベースのバリューが伝わればと思います。

SELECK記事:https://seleck.cc/1284

松井しのぶSHINOBU MATSUI

コーポレート統括 執行役員

公認会計士。国内大手監査法人で2年ほど会計監査業務に従事後、PwC税理士法人で8年ほど国際税務のコンサルティングマネージャーに従事。その後、家庭の都合でトルコで4年半を過ごし、帰国後2014年3月にユーザベースに入社。2018年、Corporate統括 執行役員に就任。 ユーザベース内での愛称はゴッドマザー。1月からはタイからのリモートマネジメントに挑戦。

「この人たちが作る会社を見てみたい」が入社の決め手だった

まずは松井さんがユーザベースに入社した経緯について。ワーキングマザーとしてベンチャー企業で働くことに抵抗があった松井さん。そんな彼女が、大学時代の親友でユーザベースCFOの村上(未来)さんを通して知ったユーザベースに入社した背景には、創業者の梅田(優祐)さんと新野(良介)さんとの印象的なやり取りがあったことを今回の取材で初めて知りました。


「僕らが絶対的に信頼する村上さんが絶対的に信頼する人なら間違いない」
「(松井さんの時間の100%を仕事にコミットすることはできなくても)松井さんが仕事に使える時間の100%をコミットしてくれればいい」


松井さんに、初対面で「この人たちが作る会社を見てみたい」と思わせた創業者の2人のこの言葉には、今もユーザベースに自然と流れる文化が表れているような気がしました。松井さんも取材で次のように語っていました。

 

この考え方は、今も現場レベルでうちにあるものだと思っています。
つまり、互いが信頼関係で結ばれていて、創業当時から、性善説に基づいて行動する会社なんですね。相手に任せた領域に関しては、最大限ちゃんと信頼して任せきる。(SELECK記事より)

 

松井さんは、ご家族の都合で1月からタイに移住し、リモートマネジメントに挑戦する予定です。執行役員としての重責を感じているのかと思いきや、意外と楽観的なことに驚きました。


「月に1回帰国し、メンバーとの1on1は続ける。むしろコミュニケーションを増やして状況の見える化を徹底したい」という松井さんの新しい挑戦を、メンバーみんなが楽しみにしている雰囲気は、とてもユーザベースらしく素敵だなと思います。互いが信頼関係で結ばれていて、相手に任せた領域に関しては最大限ちゃんと任せきる」カルチャーがあるからこそ、松井さんも「大丈夫でしょ」と断言できるのかもしれません。

 

普段からメンバー1人ひとりが、パフォーマンスを最大化できるスケジュールや働く環境を自分で設定する自由な働き方は、ユーザベースの特長の一つです。執行役員という重責にあるからこそ、その自由な働き方と職責へのコミットメントを両立させるというチャレンジをする、それがユーザベースの「自由主義で行こう」というバリューを体現する姿として、メンバーにもよい影響を与えられれば良いな、と語る松井さんが印象的でした。


文化は人がつくる

行動指針である「7つのルール」を、より実体験に落とし込んで思考するために制作した「31の約束」。2016年、従業員が200名を超える規模に差し掛かったときに誕生した背景を、松井さんは次のように語っています。

 

重要なのは1人ひとりがバリューの本当の意味を理解して、自分の言葉で語ったり、体現できることなんですね。そこで、それぞれのバリューが実際はどういうことなのか、もう少し皆にわかりやすく伝える必要がある(SELECK記事引用)


創業時まだ規模が小さかった頃は、一緒に仕事する中で創業者の価値観や思いを日々体感できたけれど、規模が大きくなればなるほど難しい。流れるように過ぎ去る日々の中で、バリューを実体験に結び付けながら深く思考する機会も少なくなってしまうように思います。
だからこそ「31の約束」は、日々のジャッジメントポイントで迷った時に「よりユーザベースらしいのはどっちだろう」とバリューに立ち戻るために、手に取ってほしい存在であると言っていたことがとても印象的でした。


松井さんは取材の中で、自身が31の約束で大切にしているものを紹介していました。


DON’T17
ルールを軽視する
ルールを軽視してしまう心が生まれたとき、思い出して下さい。自由の経営だからこそ、決めたルールには高い倫理で守る誠実性がより求められることを。



7つのルールの一つに「自由主義で行こう」とあるように、普段はそれぞれが自走しているからこそ、メンバーみんながミッションやバリューを共有し、約束はきちんと守ることが重要なのだと思います。同時に、そのような行動指針は会社の成長や環境の変化に合わせてアップデートしていくことも大切だといいます。

 

そうして互いの力が結集し、新しいものが生まれ続け、ユーザベースの文化が築かれていく。「文化は人がつくる」という松井さんの言葉にはそのような意味が込められているのだと解釈しました。
採用の業務に携わることが多く、手のひらサイズの「31の約束」の冊子を一時期はカバンに入れて持ち歩いていたそうです。採用時にはバリューを重視するため、「31の約束」に立ち戻ることが多いのだといいます。

 

実は私自身も、サマーインターンの二次面接を松井さんにしていただきました。今こうしてコミュニケーションチームでインターンをしているのは、面接中に言われたある言葉が後押しとなったからです。それは「なつきは自分が良いと思ったことの価値や思いを人に伝えることが向いていると思う。うちに合っているよ」でした。特に秀でたスキルのない私に価値を見出し、かけてくださったこの言葉は、日々のモチベーションとなっています。

 

インターンを始めて1か月。
日々ユーザベースで出会う人たちの人柄や思いに触れることができ、「文化は人がつくる」ことを実感しています。これからも、迷った時は31の約束を手に取って立ち戻りながら、ユーザベースのバリューや魅力を発信し伝えていきたいと思います。

ユーザベースでは
仲間を募集しています。

Choose Brave.

採用情報を見る

UB Journal is powered by Uzabase, inc

01 自由主義で行こう 02 創造性がなければ意味がない 03 ユーザーの理想から始める 04 スピードで驚かす 05 迷ったら挑戦する道を選ぶ 06 渦中の友を助ける 07 異能は才能

Related関連記事

See more
  • 2020.04.08 U-25

    情熱を捧げ、時には嬉し涙を──インターン生が考えるユーザベースのカルチャーとその魅力

  • 2020.04.08 U-25

    十人十色のインターン実話――プロダクトごとに異なるユーザベースでの働き方とは

  • 2019.04.17 U-25

    新卒入社式で語られた、ユーザベース共同代表とNewsPicks代表からのメッセージ

Latest最新記事

See more
  • 2021.07.28 NewsPicks

    新聞でいうなら一面と速報を考える人――NewsPicksの顔をつくる編成(コンテンツ・キュレーション)チームの仕事

  • 2021.06.29 Uzabase Corporate

    ミッションとバリューを軸に、1人ひとりが自走している組織を作る――ユーザベースのカルチャーチームが目指す未来

  • 2021.06.17 NewsPicks

    「正解がない道を自ら思考し意思決定する」――大手SIer出身の2名が語るNewsPicksのエンジニア組織のリアル