2018.12.07 U-25

【Intern’s Pick】迷ったら、好きなことに全力になってほしい。ユーザベース初期メンバーが語る「お金より大事なこと」

こんにちは、11月からコミュニケーションチームの長期インターンとしてジョインした上山です。インターンの立場から、ユーザベースで出会うさまざまな人の思いやバリューを引き出して、社外の方にお伝えしたい。そう思って、インターン視点でユーザベース社内の様子をお伝えする「Intern’s Pick」を始めることにしました。


1回めは、創業時メンバーの1人で、今はユーザベース経営陣をサポートしている河野明子さんに話を聞きました。

河野明子AKIKO KAWANO

ユーザベース マネジメントサポート

2009年、創業直後のユーザベースに入社。マネジメントサポートとして、クセのあるユーザベースグループ経営陣の手綱を引っ張る日々。最近は姪っ子への愛が強まり散財気味。

創業メンバーの3人にハートを射抜かれた

――なぜ前職をやめて、創業時のユーザベースに入ったのですか?

河野:

前職から転職を考えていた頃、たまたま紹介された会社が、梅田(優祐)さんと稲垣(裕介)さん、新野(良介)さんが立ち上げて間もないユーザベースでした。

最初は入社するつもりはなく、むしろ断るために面接に行ったんです。でもそこで、梅田さんと稲垣さんの純粋なパッションに心打たれてしまったんですよ。目を輝かせながらユーザベースのビジョンを語っている2人を見たときに、「この人たちの作る会社を見てみたい。そして守らなきゃ」と思っている自分に気づき、次の面接で新野さんに会って、その思いは確信に変わりました。気づいたらユーザベースにいた感じですね(笑)。


創業時の苦労も、仲間と一緒だから楽しかった

――創業間もないスタートアップへの転職は、大変なことも多かったのでは?

河野:

よく周りからも「大変だったでしょ」と言われますが、「苦しい」とか「つらい」よりも、楽しかった思い出しかありません。当時は全社員一律の給与だったので当然年収も下がったのですが、「年収が下がっちゃった」という感覚もありませんでした。前職ではカレンダー通りに働いていたのに、転職して朝から晩まで働くようになっても、大変だと思うこともありませんでした。

 

――それはなぜだったんですか?

河野:

一緒にいる仲間が大好きだったから、でしょうね。心から信頼できて大好きな仲間と、一日中頭を悩ませて、ごはんを囲んで、また試行錯誤する。その過程すら楽しいと思えたんです。いわゆる学生時代のサークルでの青春みたいな感じ。大好きな仲間とだったら何やっても幸せだし、楽しいと思えたのかな、と振り返って改めて感じています。

 

 
ユーザベースは世界中のいい人たちが集まる場所

――それからユーザベースは上場もして、事業も組織もどんどん大きくなっています。創業時からいた河野さんから、今のユーザベースはどう見えますか?

河野:

規模は明らかに大きくなりました。昔は振り返ったらみんなの背中がすぐそばにあって、お互いの存在が近かったけれど、今は物理的に難しいですね。

でも、規模が拡大した今でも、「渦中の友を助ける」をはじめとするユーザベースのバリューや温かさは変わっていない気がします。意思を持った挑戦なら、まずは否定せず受け入れ、困ったときは手を差し伸べてくれる。「いい人」の集まりだからでしょうね。

だから何人増えようが、どんなに大きな規模のチームになろうが、ユーザベースに根付く価値や、新しいものを生み続ける情熱や雰囲気は、ずっと受け継がれていくと思っています。

 

――最後に、私のような将来に迷っている若い世代へ、メッセージをお願いします!

河野:

人生迷うことばかりですよね。でも迷ったら、自分が好きだと思うことに全力になってほしい。そして挑戦してほしい。
周りからどう思われるとかではなくて、自分がいいと思うことはいいんです。私みたいに、周りから「大変そう」「つらそう」と思われても、自分が好きなことだったら幸せだと思えるから。自分のやりたいことを純粋に追いかけていった先に、素敵な未来が待っているはずだと信じています。

ユーザベースでは
仲間を募集しています。

Choose Brave.

採用情報を見る

UB Journal is powered by Uzabase, inc

01 自由主義で行こう 02 創造性がなければ意味がない 03 ユーザーの理想から始める 04 スピードで驚かす 05 迷ったら挑戦する道を選ぶ 06 渦中の友を助ける 07 異能は才能

Related関連記事

See more
  • 2020.04.08 U-25

    情熱を捧げ、時には嬉し涙を──インターン生が考えるユーザベースのカルチャーとその魅力

  • 2020.04.08 U-25

    十人十色のインターン実話――プロダクトごとに異なるユーザベースでの働き方とは

  • 2019.04.17 U-25

    新卒入社式で語られた、ユーザベース共同代表とNewsPicks代表からのメッセージ

Latest最新記事

See more
  • 2021.07.28 NewsPicks

    新聞でいうなら一面と速報を考える人――NewsPicksの顔をつくる編成(コンテンツ・キュレーション)チームの仕事

  • 2021.06.29 Uzabase Corporate

    ミッションとバリューを軸に、1人ひとりが自走している組織を作る――ユーザベースのカルチャーチームが目指す未来

  • 2021.06.17 NewsPicks

    「正解がない道を自ら思考し意思決定する」――大手SIer出身の2名が語るNewsPicksのエンジニア組織のリアル