2017.11.28 SPEEDA

ASEANを中心に東南アジア、インドにマーケットを拡大中。
シンガポールオフィスの紹介

ユーザベース コミュニケーションチームの因幡です。


上海、スリランカに次ぎ、ユーザベースの海外営業拠点として重要な役割を担うシンガポールオフィス。SPEEDAの海外契約ID数ではダントツを誇っています。


今回は、シンガーソングライターの一面をもつ、シンガポール営業責任者の高橋からシンガポールオフィスについてご紹介いたします!

こんにちは!現在シンガポール在住の高橋です。Uzabase Asia Pacificに駐在し、1年超が経過しました。

まずは、そもそもシンガポールって一体どんな国でしょうか?

この問いについては、NewsPicks グローバル・ストラテジスト / SPEEDA アジア・エコノミストの川端が執筆した【ASEANカントリーレポート・シンガポール編】にて、非常にわかりやすくまとめられていますので、ぜひご覧いただければと思います。
私からは、シンガポールオフィスの歴史、メンバー、ビジネスの状況等について、お伝えいたします。

 

2013年、ユーザベース創設者の新野が単身シンガポールに乗り込んで設立

ユーザベースのシンガポールオフィスは、2013年当時、新野がスーツケース両手に単身シンガポールに乗り込み、産声を上げました。

その後、現在の拠点長であるGuanを始めコアメンバーが加入し、少しずつ事業が立ち上がり、成長を遂げてきました。

 

シンガポールをベースに東南アジア、インドとマーケットを拡大中

これまでは、顧客は東南アジアの日系企業の顧客がメインでした。(メガバンク、商社、日系コンサル、大手事業会社など)

一方で、現在は少しずつ、非日系企業の顧客比率が増えて来ており、今年については、獲得した顧客の約50%が非日系顧客になります。

例えばタイの地場大手銀行やマレーシアの税理士法人、シンガポールの政府系投資促進機構など、ASEAN各国のローカル企業にもSPEEDAが使われています!

現在の日本事業と比較するとまだまだ契約ID数は小さいですが、今後もより多くの海外クライアントに価値を届けられる様、メンバー一同地に足を付けて事業を推進していきます!

 

ユーザベース拠点で最もマルチナショナルな環境

シンガポールオフィスには現在、アジア各国出身のメンバーが揃い、それぞれ母国語が異なる為、コミュニケーションは英語で行っています。

オフィスもこれまで3度も引っ越しを実施。少しずつ事業規模が拡大してきているのを実感しながら働いています。

 

(SPEEDA日本事業統括の太田とSPEEDAアジア事業統括岩澤が来た時にみんなでディナーを楽しみました。)

 

(メンバーが増えたことにより、同じオフィスの違う部屋に引っ越し。引っ越し前の部屋はマリーナベイサンズが真正面に見えましたが、今はビルだらけ。ちょっと残念)

 

ユーザベースらしさは、マルチナショナルな環境にもフィットする

シンガポールは前述の通り、様々な人種や文化が行き交う、多様性に富んだ国です。UBのシンガポールオフィスに集うメンバーも、それぞれ異なる文化・習慣で育ち、考え方や価値観、食の嗜好も様々です。

ユーザベースの価値観でもある「7つのルール」の1つとして「異能は才能」を掲げ、多様性を受け入れ、お互いを尊重しあうメッセージを出しているのは、まさに国際都市シンガポールで働く上では必要な要素だと考えています。

また、そもそも多様性に富んだ国なので、日本と比べると、皆が当たり前の様に文化や習慣の違いを受け入れ、尊重し合える環境だと感じます。

 

アジアの熱を感じに来てください

多様な人種と文化が混在し、エネルギー溢れるシンガポールに、ぜひ遊びにいらしてください!

 

(チキンライスも“なんちゃって日本食”も、500円程でなんでも安く食べられます。)

 

ユーザベースでは、グローバルな舞台で活躍し、一緒に事業を成長させたい人の応募をお待ちしています!

ユーザベースでは
仲間を募集しています。

Choose Brave.

採用情報を見る

UB Journal is powered by Uzabase, inc

01 自由主義で行こう 02 創造性がなければ意味がない 03 ユーザーの理想から始める 04 スピードで驚かす 05 迷ったら挑戦する道を選ぶ 06 渦中の友を助ける 07 異能は才能

Related関連記事

See more
  • 2021.12.08 SPEEDA

    技術力とビジネスの両輪で勝てる日本企業をつくる——SPEEDA R&D事業の軌跡とこれから

  • 2021.01.29 SPEEDA

    「事業会社の最先端に触れられるのが醍醐味」問い合わせ対応だけに留まらない、SPEEDAサポートデスクの仕事

  • 2020.01.07 SPEEDA

    知財×経営がビジネスを進化させる。「特許動向検索」機能の共創ストーリー

Latest最新記事

See more
  • 2021.12.08 SPEEDA

    技術力とビジネスの両輪で勝てる日本企業をつくる——SPEEDA R&D事業の軌跡とこれから

  • 2021.12.07 NewsPicks

    世の中に共感されるものづくりを支援する——NewsPicks Creationsが手がける、企業体質を変革する共創コミュニティの本質

  • 2021.07.28 NewsPicks

    新聞でいうなら一面と速報を考える人――NewsPicksの顔をつくる編成(コンテンツ・キュレーション)チームの仕事