Articles記事一覧

  • 2020.12.21 UB Culture

    新しい事業をつくる情熱に薪をくべ続けたい――事業開発プログラム think beyond 復活の舞台裏

    ユーザベースが創業以来毎年行ってきた社内公募型の新規事業開発プログラム「think beyond」。一時中断していたこのプログラムが、今年3年ぶりに復活しました。社内から事業アイデアを公募したところ、33件のアイデアが集結。9件のアイデアが2021年6月の最終審査に進んでいます。事務局長を担当するカルチャーチームリーダーの村樫と、メンターとして事業化まで伴走しアドバイスするAlphaDriveの白杉に、ユーザベースが社内から新規事業を生み出す意義について聞きました。

  • 2020.12.10 NewsPicks

    「広告だけど面白い」番組を作る――クライアントと制作現場をつなぐNewsPicks Studiosのセールスチーム

    NewsPicksが2018年に立ち上げた、次世代映像コンテンツの企画・プロデュース集団 NewsPicks Studiosは「映像の力で、経済をもっとおもしろく。」をミッションに掲げ、「The UPDATE」や「WEEKLY OCHIAI」「OFFRECO.」など、さまざまな動画コンテンツを作ってきました。今回はセールスチームのリーダーを務める吉澤とメンバーの新井、そしてチーフプロデューサーの木嵜に、スポンサード番組を制作するうえで大切にしていることや、NewsPicks Studiosならではの強みについて話を聞きました。

  • 2020.12.09 B2B SaaS Business

    データ×人の力で、パナソニックの新規事業開発コンテストを加速

    ユーザベースのB2B SaaS事業では、経済情報プラットフォーム「SPEEDA」をはじめ、エキスパートの知見を集結し事業創出と意思決定をサポートする「SPEEDA EXPERT RESEARCH」、ABM実践を強力サポートするB2Bマーケティングプラットフォーム「FORCAS」といったプロダクトを提供しています。それが実際ユーザーの皆さんにどのようにお役に立っているのか、パナソニックのインダストリアルソリューションズ社(以下、IS社) 事業開発センターにインタビューする機会をいただきました。聞き手は、B2B SaaS Business 執行役員の今村が務めます。

  • 2020.10.15 NewsPicks

    本で、希望を灯す――NewsPicksパブリッシングが目指す新たな出版社とは

    NewsPicksが2019年10月に創刊した「NewsPicksパブリッシング」は、「本で、希望を灯す」をビジョンに掲げ、毎月1冊ペースでこれまで10冊の本を刊行してきました。今回は編集長の井上と副編集長の富川に、出版不況と言われる今、なぜ自社で出版レーベルを立ち上げたのか、そこに込めた思いと、立ち上げ時のエピソード、今後の展開について話を聞きました。

  • 2020.08.07 UB Ventures

    再現性のある投資をするため、フェーズ毎にロゴもステートメントも変える――UB Venturesリブランディングの根底にある想い

    2018年に設立されたUB Venturesは、サブスクリプションビジネスに特化したベンチャーキャピタルで、シードからアーリーステージのSaaSとメディア関連のスタートアップに特化した投資活動を行い、2020年7月末までに計14社に投資と成長支援をしています。
    UB Venturesは2020年4月にブランドリニューアルを行いました。なぜリブランディングを実施したのか、その狙いや内容について、代表取締役社長の岩澤と、このリブランディングプロジェクトをリードしたデザインで株式会社の齊藤氏に話を聞きました。

  • 2020.07.30 AlphaDrive

    トヨタの若手社員がどうしてもスタートアップに出向したかった理由――大手企業を変革する社内新規事業開発の仕事

    大手企業の新規事業創出をサポートするAlphaDriveでは、2020年1月より出向社員を受け入れています。トヨタ自動車に入社し6年目となる土井雄介は「どうしてもAlphaDriveで働きたい」と自ら動き、AlphaDriveへの出向を実現させました。自身も社内公募制度で提出したプランの事業化がなかなか実現しない経験を持つ土井と、土井の意欲を受け入れた取締役の平尾に話を聞きました。

  • 2020.07.21 B2B SaaS Business

    開発やビジネスとの「共通言語」をつくる。ユーザベースのSaaS デザインチームの役割

    ユーザベースが提供するSPEEDA/FORCAS/INITIALには、横串となるデザイナーチームが存在しています。複数のBtoB SaaSプロダクトを横断して見る意義や難しさや、今後実現したい世界について、CDOとしてDesign Divisionを率いる平野と、UIデザインチームリーダーの茂木に話を聞きました。

  • 2020.07.13 AlphaDrive

    新規事業開発に潜む「失敗の罠」をかいくぐれ! AlphaDriveで事業立ち上げを支援する面白さ

    2019年11月にユーザベースグループに加わったAlphaDriveでは、予測不能な時代の大手企業の不安に寄り添い、新しい事業を創出するサポートをしています。執行役員の古川とインサイドインキュベーションリードの白杉に、AlphaDriveで手掛ける新規事業開発支援や、大手企業と二人三脚で新しいビジネスを盛り上げる醍醐味を聞きました。

  • 2020.06.24 Uzabase Corporate

    根幹にあるプロ意識は同じ――プロファーム出身者がユーザベースで活躍できる理由

    ユーザベースのコーポレート部門には、弁護士事務所・会計事務所・税理士法人などプロフェッショナルファームの出身者が数多く在籍しています。弁護士や公認会計士などの資格を持つ彼らが、なぜユーザベースに入ろうと思ったのか、プロフェッショナルファームと事業会社の違いや難しさ、やりがいについて、3人のメンバーにざっくばらんに語ってもらいました。聞き手はカルチャーチーム Head of Culture & Talentの西野が務めます。

  • 2020.05.22 B2B SaaS Business

    「お客様の進化を加速させたい」――科学された営業戦略×相互理解が強みのセールスチーム

    ユーザベースが提供するB2B SaaS(SPEEDA・INITIAL・FORCAS)は、「売って終わり」ではなく、お客様と一緒に未来を描いていくことが重要です。
    日々、お客様と全力で向き合っているセールスチームに、営業戦略や働くうえで大事にしていることについて聞きました。

  • 2020.05.08 Uzabase Corporate

    自由を支える軸となる――SaaS時代に求められる監査人材のキャリア戦略

    企業における監査には、内部監査・監査役監査・会計監査人監査の3種類があります。企業の意思決定スピードがますます早くなり、自社開発のシステムを所有するのではなく、次々と他社の新しいSaaSサービスやプロダクトを利用する方向に加速していく今、リスクマネジメントおよびコントロール、ガバナンスプロセスなど、内部監査の重要性はますます高まっています。今回はユーザベースの社外取締役(監査等委員)を務める琴坂将広氏と、Assurance and Consulting Team(内部監査)責任者の嶋田に、SaaS時代に求められる監査人材のキャリア戦略について、話を聞きました。

  • 2020.05.01 UB Culture

    【宇田川×新野】当事者意識がなければ、どんなベンチャーも「大企業化」する

    「組織と文化」をテーマに、ユーザベースの共同創業者である新野良介と経営学者の宇田川元一さんが対談しました。

    新野は2008年に、共同創業者の梅田・稲垣とユーザベースを設立。ミッション・バリューに基づいた経営スタイルや、「The 7 Values」(7つのルール)を作った立役者の1人として知られます。一方、NewsPicksパブリッシングで『他者と働く』を上梓し、経営戦略論・組織論が専門である宇田川さん。

    「The 7 Values」の始まりと「自由主義」の意義を紐解いた前編に続き、後編では、お二人が思う「個人と組織のあり方」について語ります。(前編はこちら:【新野×宇田川】「いつも」じゃない。「渦中」に必ず助け合うのが僕たちだった

ユーザベースでは
仲間を募集しています。

Choose Brave.

採用情報を見る

UB Journal is powered by Uzabase, inc